【Viewing2020準備中】レイアウト会議をしました

2020/01/11/

1月17日(金)から始まる「Viewing2020@もうひとつの美術館」展の準備が着々と進んでいます。

今回の展覧会で展示する作品は200点。大小様々な個性溢れる作品が集まってきました。
その作品たちをどのように展示するのか、先日、参加者とともにレイアウト会議を開催しました。
今回の会場となる「もうひとつの美術館」の展示するスペースは4部屋分。元教室を展示スペースにしています。
各部屋に運び込まれた作品をどのように並べていくのか、意見を出しながら、実際に動かしてみてどのように見えるのか確かめながら決めていきました。
 

限られた時間での作業でしたが、レイアウトを決めていく作業を通して、作品の置く場所、並べた順番によって見え方が違ってくることが実感できたことと思います。
この日決定したレイアウトで、今度は設営作業が始まります。さてはてどのような展覧会になるのか……乞うご期待!

Viewing2020@もうひとつの美術館展は1月17日(金)から26日(日)までの開催です(20日[月]は休館)。
18日(土)13時30分からは神奈川県にある「カプカプ」の鈴木励滋さんをお呼びしてのスペシャルトーク 「雑然を磨く“カプカプ”に学ぶ」もギャラリー&カフェ「M+café」にて開催いたします。
皆様ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

 

================================================

○2020年1月17日(金)〜26日(日) (20日[月]は休館)
11時〜16時30分(入館は16時まで。18日のみ18時まで開館)
「Viewing2020@もうひとつの美術館」展
2016年から栃木県庁15階展望ロビーを会場に開催してきた「Viewing 展」。5回目となる2020年は開催場所を変え、新たな展望を描き始めます。今回の会場は那珂川町にある「もうひとつの美術館」です。
Viewing2020@もうひとつの美術館 展では、主に栃木県に在住する障害のある方たちから作品を公募しました。こんな表現みたことない、とか、何かドキドキする、というような作品に出会えるかもしれません。
応募者、出展者、鑑賞者、展覧会の設営をする人、展示会場の監視員、展覧会の広報をする人…様々な人たちに参加してもらい、展覧会を開催することで、“つくる”を支えるための発表の場を創造していきたいと思います。
(入場無料)

◯2020年1月18日(土)13:30〜15:15
スペシャルトーク 雑然を磨く“カプカプ”に学ぶ
神奈川県横浜市にある「カプカプ」は、団地の一角でにある障害のあるメンバーが接客する喫茶店です。
様々な雑貨や小物、カプカプメンバーの作品などがあちこちに雑然と並べられたその空間では、
メンバーもお客さんもそれぞれの個性を発揮し、心地よさを作り出しています。
どうしたらカプカプのような「ゆるしゃば」(いろんな違いのある人を許せる/許容しうる場)を作れるのか。
「カプカプ」で実践してきたこと、そのあり方・作り方を所長の鈴木 励滋さんにお話いただきます。

[参考]
https://soar-world.com/2019/12/12/kapukapu/
http://www.bonus.dance/interviews/07/
https://www.diversity-in-the-arts.jp/stories/6233
http://www.news24.jp/articles/2019/11/12/07542981.html

Viewing2020@もうひとつの美術館 展 開催のお知らせ

2019/12/30/

2016年から栃木県庁15階展望ロビーを会場に開催してきた「Viewing 展」。5回目となる2020年は開催場所を変え、新たな展望を描き始めます。今回の会場は那珂川町にある「もうひとつの美術館」です。
Viewing2020@もうひとつの美術館 展では、主に栃木県に在住する障害のある方たちから作品を公募しました。こんな表現みたことない、とか、何かドキドキする、というような作品に出会えるかもしれません。
応募者、出展者、鑑賞者、展覧会の設営をする人、展示会場の監視員、展覧会の広報をする人…様々な人たちに参加してもらい、展覧会を開催することで、“つくる”を支えるための発表の場を創造していきたいと思います。

会 期 :2020年1月17日(金)〜1月26日(日) ※20日(月)は休館
開催時間:午前11時〜午後4時30分
(ただし入館は午後4時まで。18日(土)は午後6時まで開館)
場 所 :もうひとつの美術館 栃木県那須郡那珂川町小口1181-2
問い合わせ先:tel 080-3001-8088 fax 0287-92-8088 e-mail tam@nactv.ne.jp
受託者 :認定特定非営利活動法人もうひとつの美術館
令和元年度栃木県障害者芸術活動推進事業
※この事業は、栃木県地域福祉基金寄附金を活用して実施しています。

また、1月18日(土)には、神奈川県にある「カプカプ」の所長・鈴木 励滋さんをお呼びしてのスペシャルトークもありますので、ぜひご参加ください。

Viewing2020@もうひとつの美術館 展、入選作品発表!

2019/12/24/

お待たせいたしました!
12月20日(金)に行われました「Viewing2020@もうひとつの美術館」展に展示する作品の選考の結果を発表いたします。
展示される作品を一覧にて発表しますので、ご応募いただいた方は作家名・作品名があるかご確認ください。
<応募総数308点、入選作品200点>

「Viewing2020@もうひとつの美術館」展は2020年1月17日(金)から26日(日)の9日間の開催です。
どうぞお楽しみに♪   皆様のご来館お待ちしております。

入選作品一覧→[PDF]

Viewing2020展の開催と作品募集と参加者募集のお知らせ

2019/12/1/

今年度もやります、Viewing展!

2016年から栃木県庁15階展望ロビーを会場に開催してきた「Viewing展」。
5回目となる2020年は場所を変え、新たな展望を描き始めます。

2020年1月17日(金)〜26日(日)まで行われるViewing2020展。今回の会場は那珂川町にある「もうひとつの美術館」です。現在冬期休館中の美術館を使い、新たな“Viewing展”を作って行きたいと思います。

Viewing2020@もうひとつの美術館 展では、栃木県を中心とした北関東に在住の障害のある方たちから個性あふれる作品を公募いたします。
詳しい応募方法や条件は、Viewing2020@もうひとつの美術館展の募集要項をご確認ください。

募集要項<Viewing2020@もうひとつの美術館 展>[Word]
応募申込書<Viewing2020@もうひとつの美術館 展>[Excel] 
※応募申込書は印刷して手書きで記入するタイプとそのままExcelを使って直接書き込むタイプのシートを用意してあります。お好きな方をお使いください。書く内容は同じです。

 

また、この「Viewing@もうひとつの美術館」展はみんなでつくる「参加型」の展覧会です。作品を応募する、展覧会を見に行く、イベントに参加するということはもちろん、“つくる”を支える発表の場所をつくるための会場設営や受付、監視、片付け、広報など様々な形で“参加”していただきたく、今回は作品だけでなく、一緒に“つくる”を支える場所作りをしてくれる参加者も募集します。
参加のお申し込みは以下のURLから、問い合わせは直接とちぎアートサポートセンターTAMまでお願いいたします。

【Viewing2020@もうひとつの美術館 展 場所 をつくる参加申込】
→  https://forms.gle/tNvPepf4szKtrYXM6

タイトなスケジュールにはなってしまいますが、皆様のご参加をお待ちしております。

==================================

Viewing2020@もうひとつの美術館

会 期:2020年1月17日(金)〜26日(日)
時 間:午前11時〜午後4時30分(ただし、入館は午後4時まで)
休 館:1月20日(月)
会 場:もうひとつの美術館(栃木県那須郡那珂川町小口1181-2)
入場料:無料
主 催:栃木県 とちぎアートサポートセンターTAM
問い合わせ先:とちぎアートサポートセンターTAM
TEL  080-3001-8088   FAX  0287-92-8088
メール  tam@nactv.ne.jp

 

今年1月開催した「Viewing2019」展の展示風景

「Viewing2019」展 展示風景

 

 

「Viewing2019」展 展示風景

《県内展覧会情報》「飯山太陽展」

2019/11/26/

益子町にあるヒジノワcafe&spaceにて、飯山太陽さんの個展が開催されます。


=============================
「飯山太陽展」
会期:2019年11月26日(火)〜12月7日(土)
時間:11:00〜19:00
会場:ヒジノワcafe&space   (芳賀郡益子町益子1665)
=============================
この展覧会についてのお問い合わせは主催者に直接お願いします。

《県内展覧会情報》TAO-Ⅴ 樺崎町の絵師たち TAO(道)のゆりかご

2019/11/22/

足利市にある足利市民会館・別館展示室にて、ルンビニー園で日々作品制作に励む樺崎町の絵師たちの作品を展示する「TAO-Ⅴ(タオ・ふぁいぶ)」展が開催されます。

=============================
TAO-Ⅴ(タオ ふぁいぶ)   樺崎町の絵師たち TAO(道)のゆりかご
会期:2019年11月23日(土)〜28日(木)
休館日:11月25日(月)
会場:足利市民会館・別館展示室 (足利市有楽町837)
=============================
この展覧会についてのお問い合わせは主催者に直接お願いします。

Viewing2019展を終えて

2019/01/24/

2019年1月7日から11日までの5日間、栃木県庁15階展望ロビーにて行われた「とちぎアートサポートセンターTAM Viewing2019」展は無事終了いたしました。
期間中には約2,000人の方にご来場いただき、ありがとうございました。新聞やテレビ、SNSを見てご来場くださった方、展望ロビーにいらした方、近くに用事があったついでに会場まで足を運んでくださった方など、本当に様々な方にご覧いただくことができました。

今回の展覧会には6歳から86歳までの59人・1グループの作品72点を展示しました。
これまでのViewing展やTAM展に出展していただいた作家たちはもちろん、この展覧会で初めて作品を出展いただいた作家も半数近くと多く、とても新鮮な展覧会となりました。

今年度の“つくる”を支える人材育成事業の最終目標でもあったこの展覧会。参加者の皆様には企画から始まり、展覧会の設営、期間中の監視、搬出と、作品を“見て知ってもらう”ための一連のプロセスを体験していただきました。何気なく見ていた展覧会も実際にやる側に回ってみると、気づくことが多かったようで、展覧会終了後の反省会では、良かった点、改善すべき点、今後こうしたい、など様々な感想や意見が出てきました。研修会と展覧会を通して学び、感じたことが今後の活動につながっていければ、と思います。

最後にこの展覧会を開催するにあたり参加・ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

「Viewing2019」展開催のお知らせ

2018/12/28/

2019年1月7日(月)〜11日(金)の5日間、栃木県庁15階展望ロビーにて「とちぎアートサポートセンター TAM Viewing2019」展を開催いたします。どうぞ皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。

 

2016年、2017年、2018年と「もうひとつの美術館」が開催してきた「Viewing展」が、2019年より「とちぎアートサポートセンターTAM(タム)」を中心に、福祉関係者や個人が研修で学んだ“見て知ってもらう”を実践する展覧会に生まれ変わります。

「とちぎアートサポートセンターTAM(タム)」は、障害のある人たちの創作活動を取り巻く疑問や課題を共有し、支え合い、社会へとつなげていく場として、昨年度『もうひとつの美術館(那珂川町)』内に設置されました。障害のある人たちの芸術文化活動の普及支援を目的とし、ワークショップやネットワークづくりを通して、障害のある人たちの芸術文化活動を支える人材育成を行っています。

今回の「Viewing展」では、“つくる”を支えるための人材育成研修会に参加した福祉関係者や個人が、自分たちで企画・運営し、選考委員が選定した作品を展示します。この展覧会を通し、障害のある人たちの芸術文化活動が広まり、充実していくことを期待します。

 

■会期:2019年1月7日(月)~1月11日(金)

■開催時間:午前11時~午後4時(ただし、最終日11日は午後3時まで)

■場所:栃木県庁15階展望ロビー 〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20

■主催:栃木県、とちぎアートサポートセンター TAM(タム)

■問い合わせ先:とちぎアートサポートセンターTAM(タム)
〒321-0618 栃木県那須郡那珂川町小口1181-2 もうひとつの美術館内
Tel:080-3001-8088  FAX:0287-92-8088  Mail:tam@nactv.ne.jp

■受託:認定特定非営利活動法人もうひとつの美術館(平成30年度栃木県障害者芸術文化活動普及支援推進事業)
※この事業は、栃木県地域福祉基金寄付金を活用して実施しています。

とちぎアートサポートセンターTAM Viewing2019展 展示決定作品の発表!

2018/12/14/

先日12月12日(水)に行われた選考の結果をお知らせいたします。
作品を応募された方はお手元の受付番号とご参照ください。

 

Viewing2019展示決定作品一覧[PDF]

今回は72点の作品を2019年1月7日(月)から開催の「とちぎアートサポートセンターTAM Viewing2019」展にて展示いたします。
どうぞ皆様、会場まで足をお運びください。

 

============================================================

とちぎアートサポートセンターTAM Viewing2019展

会期:2019年1月7日(月)〜11日(金)
時間:午前11時〜午後4時(最終日は午後3時まで)
会場:栃木県庁15階展望ロビー(宇都宮市塙田1-1-20)
主催:栃木県、とちぎアートサポートセンターTAM
受託:認定特定非営利活動法人もうひとつの美術館
*この事業は、栃木県地域福祉基金寄付金を活用して実施しています。

◇展覧会情報◇「すぎの芽学園・デイセンターすぎの芽絵画展」(11/16-20)

2018/11/8/

2018年11月16日(金)から20日(火)まで
「すぎの芽学園・デイセンターすぎの芽絵画展」が宇都宮市で開催されます。

=========================================================

すぎの芽学園・デイセンターすぎの芽では利用者の方々が20年以上にわたり、
洋画家の宮坂健先生の絵画の指導を受けながら、作品の制作を行ってきました。
絵を描くことは、利用者の方一人一人の思いを楽しみながら表現する機会であり、
現在においても他には代えがたい重要な活動であると考えております。

なお、描きためた絵については、ぜひ広く市民の方々にも観ていただきたいとの
思いから、3年に1度絵画展を開催いたしております。障がいを持つ方々への
理解につながればと考えております。

==========================================================

開催期間:2018年11月16日(金)−20日(火)      午前10時〜午後6時(最終日は午後3時まで)
開催場所:トヨタウッドユーホームすまいるプラザ内ギャラリー(宇都宮市竹林町1063-3)
主  催:社会福祉法人すぎの芽会 障害者支援施設 すぎの芽学園・障害福祉サービス事業所 デイセンターすぎの芽

この展覧会に関する詳しいお問い合わせは
デイセンターすぎの芽(TEL:028-667-8093)までお願いいたします。

 

Top