【Viewing2020準備中】レイアウト会議をしました

2020/01/11/

1月17日(金)から始まる「Viewing2020@もうひとつの美術館」展の準備が着々と進んでいます。

今回の展覧会で展示する作品は200点。大小様々な個性溢れる作品が集まってきました。
その作品たちをどのように展示するのか、先日、参加者とともにレイアウト会議を開催しました。
今回の会場となる「もうひとつの美術館」の展示するスペースは4部屋分。元教室を展示スペースにしています。
各部屋に運び込まれた作品をどのように並べていくのか、意見を出しながら、実際に動かしてみてどのように見えるのか確かめながら決めていきました。
 

限られた時間での作業でしたが、レイアウトを決めていく作業を通して、作品の置く場所、並べた順番によって見え方が違ってくることが実感できたことと思います。
この日決定したレイアウトで、今度は設営作業が始まります。さてはてどのような展覧会になるのか……乞うご期待!

Viewing2020@もうひとつの美術館展は1月17日(金)から26日(日)までの開催です(20日[月]は休館)。
18日(土)13時30分からは神奈川県にある「カプカプ」の鈴木励滋さんをお呼びしてのスペシャルトーク 「雑然を磨く“カプカプ”に学ぶ」もギャラリー&カフェ「M+café」にて開催いたします。
皆様ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

 

================================================

○2020年1月17日(金)〜26日(日) (20日[月]は休館)
11時〜16時30分(入館は16時まで。18日のみ18時まで開館)
「Viewing2020@もうひとつの美術館」展
2016年から栃木県庁15階展望ロビーを会場に開催してきた「Viewing 展」。5回目となる2020年は開催場所を変え、新たな展望を描き始めます。今回の会場は那珂川町にある「もうひとつの美術館」です。
Viewing2020@もうひとつの美術館 展では、主に栃木県に在住する障害のある方たちから作品を公募しました。こんな表現みたことない、とか、何かドキドキする、というような作品に出会えるかもしれません。
応募者、出展者、鑑賞者、展覧会の設営をする人、展示会場の監視員、展覧会の広報をする人…様々な人たちに参加してもらい、展覧会を開催することで、“つくる”を支えるための発表の場を創造していきたいと思います。
(入場無料)

◯2020年1月18日(土)13:30〜15:15
スペシャルトーク 雑然を磨く“カプカプ”に学ぶ
神奈川県横浜市にある「カプカプ」は、団地の一角でにある障害のあるメンバーが接客する喫茶店です。
様々な雑貨や小物、カプカプメンバーの作品などがあちこちに雑然と並べられたその空間では、
メンバーもお客さんもそれぞれの個性を発揮し、心地よさを作り出しています。
どうしたらカプカプのような「ゆるしゃば」(いろんな違いのある人を許せる/許容しうる場)を作れるのか。
「カプカプ」で実践してきたこと、そのあり方・作り方を所長の鈴木 励滋さんにお話いただきます。

[参考]
https://soar-world.com/2019/12/12/kapukapu/
http://www.bonus.dance/interviews/07/
https://www.diversity-in-the-arts.jp/stories/6233
http://www.news24.jp/articles/2019/11/12/07542981.html

Top